キャリアアップに最適?外資系企業の選び方はここがポイント!

キャリアアップに最適?外資系企業の選び方はここがポイント!

外資系企業の特徴と日本での業務内容

外資系企業は外国の法人が出資している企業を指す他、外国人が一定額以上の出資を行っている企業も含まれます。一般的には外国の会社が日本に支店などの窓口を設けているイメージがありますが、業種ごとに業務内容が異なる他、労働形態や給与、福利厚生などについては日本の法規制に準じているのが特徴です。その一方で外資系企業は日本以外の国や地域との商取引が業務の多くを占める傾向があるため、社員には外国語を理解出来るスキルが求められます。日常会話レベルの語学力や文書作成力が必要な他、諸国の文化や風習に明るいのも外資系企業の社員に求められる条件です。日本の法律や社会的ルールを遵守しながら外国法人の利益確保に基づいた業務を行うのが外資系企業の運営方針であることを理解するのが就業する社員に必要な姿勢です。

外資系企業で長く働くための心得

外資系企業は諸外国の企業や団体と取引する機会が多いことから複数の外国語が理解出来る語学力が必須です。そのため、外資系企業は面接や書類選考を日本語以外の言語で行うことがあります。また、文化や風習に詳しいことも業務を円滑に進める条件の一つなので、広い視野を持っている人材が求められます。外資系企業で働くためには日本に軸足を置きながらも他の国々に対して高い関心を持つ探究心があることをアピールすることが大切です。また、利益を得ながらも企業や人どうしの繋がりを重視する長期的視野を持つことも長く働くために必要な心構えになります。

外資系の転職は、募集ポジションで即戦力で活躍できるスキルと語学力が重視されます。スキルは前職歴から汎用性が高ければ間口は広がりますが、語学力は業務遂行に影響がありますので、採用成否を左右する要素です。